極私的パパ馬鹿日誌
~はーちゃんといっしょ~
1歳2ヶ月・・・早いなぁ
a0018777_634581.jpg
よくよく考えると先月は月例報告すっ飛ばしてました・・・(汗
では、今月の定例報告をば。

・だいぶ安定して歩くようになりました。坂と段差はまだ苦手なようですが。
・絵本に興味を示し始めました。読め読め攻撃をされていますが、絵だけの本だと結構厳しいものが・・・(笑)
・絵本も読め読め攻撃だけでなく、自分で声を出して読んでいる(?)時があります。
 はたで聞いていると結構面白いのですが、撮影しようとするとやめるのでなかなか撮れません。
・後追いをするようになりました。離ればなれになるのが寂しいというより、単にお外に出たい
 だけなんでしょうけど。それでも玄関先でしがみつかれると、やっぱり嬉し寂しといった
 感じになります。
・家の階段も毎日のように昇っています(後ろからの監視付きですが)。
 テンポよく昇っていくのでいつも感心しながら見ています。
 先日はキティーのぬいぐるみを抱きながら昇ると大泣きしました。実際昇ろうとして、
 自分でも無理だと分かっているのですが、自分の中で譲れないところがあったのでしょう。
・歩いて散歩に行くことも多くなったのですが、寄り道が多くて先に進みません。
 写真のように砂があるところだと、両手でかき回して遊び出し、一向にその場を離れようと
 しません。黙々と遊んでいるのできっと楽しいんでしょう。

最近のはーを見ていると、また色々と成長しているのだなと感じます。
我が子ながら育てやすい方だと思うので、変なストレスとか貯まらなければいいのだけど、と
変な心配をしてしまいます(汗
[PR]
# by lakeside_g | 2005-06-01 06:35 | 我が娘
吉村作治 考古学者のひとりごと
はじめのごあいさつ
考古学者の吉村作治先生がブログ開設されました。ご開設おめでとうございます。
色々な話が聞けるといいなぁと勝手に期待してます。
死ぬまでに一度は行けるといいなぁ・・・エジプト(涙
[PR]
# by lakeside_g | 2005-05-31 07:11 | Trackback
お庭改造作戦。
タイトルは大げさですが、借家なので大がかりなリニューアルができるはずもなく・・・って事で、
ちょっとだけいじって(というより物を増やして)みました。

a0018777_21501335.jpg
これは改造前。

a0018777_21503984.jpg
んで、これが改造後。

変わった点。
1.板を並べてウッドデッキもどきを設置。
2.ブロックと丸太と塀で囲まれたお砂場が出現。
  (使わない時はレジャーシートで覆っています)


久々に板に釘など打ち込んだので、釘でなく指を打たないかとヒヤヒヤしました。
大事にいたらず良かったです・・・と、そういう話ではないですね。
実際パパがしたのは砂入れ、デッキもどきのペンキ塗り・釘打ち・設置だけで、
材料やらある程度の準備はじぃじがしてくれたのでした。(パパはそれほど器用ではないのです)

できあがったのが夕方だったので、はーちゃんは少ししか遊べませんでしたが
一生懸命に遊んでいました。
(家に入れようとすると案の定大騒ぎで抵抗するというおまけ付きで)

これで夏はビニールプールを置ける場所になり、ついたてをすれば食事もできそう?(笑)
休日の夕方は、お砂場で遊ぶはーちゃんを見ながら、パパは縁側でお酒が飲めます。
こんどじぃじに会った時は、頑張って接待して下さいね、はーちゃん。
[PR]
# by lakeside_g | 2005-05-21 22:05 | 我が娘
初納豆。
a0018777_23315746.jpg
はーたんが初納豆を食しました。
パパは納豆だけでもご飯が2杯は食べられるくらい好きなのですが、
(「じゃあ晩ご飯は納豆だけ」とか言う人がいますけど、それは却下(笑))
はーたんはどうだろうかとちょっと心配でした。
が、そんなパパの心配をよそに今回は何事もなく食べてくれました。
今のところそんなに好き嫌いのない人なので、大変助かります。



a0018777_2336120.jpg
これは檻に入れられた人。
当然のごとくガシャガシャ揺らして騒いでいました。。。
フェンスが壊れるよー(汗
[PR]
# by lakeside_g | 2005-05-15 23:31 | 我が娘
パパとして
a0018777_2111114.jpg
娘の写真を整理したり、ブログを書いたり、DVDを作ったりしていると、
自分が彼女のパパとしてちゃんとやれているのだろうかと考える時があります。
普段は脳天気で適当なパパなんですけどね。

彼女を自分の都合のいい時にしか意識していないような、
そんな思いをする時があるのです。
具体的にどういう時というわけではなく、ふと気がつくと・・・というような感じで。

そんな時でも、彼女の笑顔が悩みをやわらげてくれます。
「パパとしてもっと頑張れ!」とか、「パパは良くやってるよね!」とか、
その時々の気持ちで受け取り方が違うのかもしれませんが。

四六時中彼女に注意を向ける事はできませんが、なるべく、自分のできる範囲で
やっていければと思い、このポストをしました。

自分に油断や甘えがあった時に、振り返って読めるように。
[PR]
# by lakeside_g | 2005-05-05 21:10 | パパ